地盤調査


    

調査方法 調査概要 長  所 短  所
標準貫入
試験
(ボーリング)
 ボーリング孔を開けその孔にサンプラー
 を挿入し重りを自由落下させサンプラーを
 30cm貫入させるのに要する打撃回数
 (N値)にて固さを調査する
 ●深い深度まで測定可能
 ●地下水位の確認
 ●
各深度の資料土の採集  
  が可能

 ●重機を利用するため広い
    スペースが必要
 ●調査費用が高額
 ●戸建ての調査としては
    あまり適切ではない
平板載荷
試験
 調査したい深度に載荷板を設置し
 段階的に荷重を加えその荷重ごとの
 載荷板の沈下量と荷重強さとの関係
 から支持力などを調査する
 ●調査深度の支持力を
   直接判断できる
 ●重機を利用するため広い
    スペースが必要
 ●調査費用が高額
 ●一調査では測定深度以外
   の調査ができない
スウェーデン
サウンディング試験
下記参照  戸建ての調査に適し狭
  いスペースで調査可能

 ●調査費用が安く作業時間
   も2時間程度である
 ●測定深度が約10mである
 ●ガラ・礫等のため調査
   困難になる



ライン3





          地盤調査にもいろいろな種類の調査がありますが標準貫入試験・
          平板載荷試験・土質試験に較べ非常に兼価で戸建て住宅に適した
         スウェーデンサウンディング試験法
をご紹介いたします



       スウェーデンサウンディング試験法
           (静的貫入試験)
  わが国では、建設省が道路調査の為に導入
  したのが始まりです。 幾多の改良、修正を
  経て1963年に土質工学会の基準案が提出
  され1976年通産省の日本工業規格 (JIS−A
  −1221−1976) として認定された試験です

    調査費用 40.000〜
    所要時間 約2時間
                             
    (御質問・御見積もり)


     調査手順と調査概要
                          
先端にスクリューポイントを取り付けたロッド
頭部に100kgまで荷重を加えて貫入量を
測る。 貫入が止まったらハンドルに回転
を加えて地中にねじ込み1mねじ込むのに
必要な半回転 Nsw(180°の回転を
1回転と数える)を測定する。
試験時にロッドに伝わってくる音や貫入抵抗
から、砂質土・粘性土の判別を行なう。
柔らかい地層では、深さ10m程度までの
調査が可能である。
「小規模建築物基礎設計の手引き」より抜粋




ライン3