軟弱地盤の傾向と対策

   


軟弱2

軟弱地盤というと皆さん「悪い土地」というイメージを想い
浮かべる事と思います。
たしかに軟弱地盤の上に何も
対処せずにそのまま家を建てた場合何らかの支障でる
事がほとんどです。 大切なのは軟弱地盤に対し、きちん
とした対策が採られているかと言う事です。
皆さまの土地がもし軟弱地盤でも、地盤の補強や基礎
仕様の変更にて問題なく家を建てる事が出来ます。

亀裂2不同沈下の影響による外壁亀裂

不同沈下

   敷地内に固い地盤と軟らかい地盤が存在しその為に建物が不揃いに沈下を起こす     
   事を不同沈下と言います。 家全体が均一に沈下するのではなく、一方向に傾く
   ような状態の事です。 不同沈下が起こると建物に大きなダメージを与えます。
   また不同沈下によって家が傾くと窓から雨が吹き込む・ドアが閉まらない・床が
   傾く等です。 特に雨仕舞いが悪くなる事で躯体の腐食が進み建物の寿命が短く
   なったり耐震性が損なわれのは問題です。さらに床の傾きによって精神的に
   ストレスがたまっり、眠れなくなることもあります。  



危険
ポイント4 新しい造成地では土地の養生不足。
  最近の建売住宅のトラブルNO・1です

ポイント4 造成以前、池・沼・水田・河川などが近く
  にあり水に関連している

ポイント4 土地山・丘陵地の中腹・裾地を造成した
  土地など盛土と地山が存在してバランス
  の悪い土地              

ポイント4 昔、敷地内に吸込み・大きな木を
   移設した等、人口的に土を動かした事
   のある土地
亀裂3
軟弱地盤の影響による土間コンの亀裂

       
ポイント5 木造建築物の不同沈下による障害

段 階 不同沈下による障害状況 傾斜の限度
初期段階  モルタル外壁等に亀裂が発生 1/1000
第1期段階  布基礎・土間コンに亀裂が入る 3/1000
第2期段階  壁と柱の間に隙間が生じる ブロック塀など
  外部構造に被害が生じる
5/1000
第3期段階  柱の傾き 建具の開閉が不良となる
 床が傾斜して支障が生じる
  10/1000
最終段階  柱の傾斜が著しく倒壊の危険がある 
 床も傾斜がひどく使用困難
  15/1000



ライン3


       

   ポイント5 軟弱地盤の基礎対策

基礎形状

ポイント6 表層改良工法 セメント系固化材を軟弱地盤に散布して現地盤の土と混合・撹拌・転圧を行い版状の固結体
をつくる工法
ポイント6 ソイルセメント工法 軟弱地盤の土地にセメントミルクを注入撹拌して地中に柱状の改良杭をつくる工法
ポイント6 RES工法 軟弱な地盤中にパイプ(細経鋼管)を貫入する事で地盤の支持力とパイプの支持力の
複合作用により地盤の支持力増加と沈下低減を図る住宅の基礎地盤補強工法
ポイント6 鋼管杭工法 小規模住宅を支える支持杭工法
ポイント7 べた基礎

軟弱地盤の場合戸建ての基礎としてもっとも使用されている工法
(建物の床下全面にコンクリートを打ちそれを1つの大きな基礎として考える)



万全



ライン3